お客様の声

お空に還った天使のメモリアルベアをお仕立てした、ご家族様から頂いたお声です。

そうちゃんのお母様より

もうすぐ3歳になる息子と一歳半の娘、そして先月21週と2日でお別れした息子 そうちゃんの3人のママです。
ダンボールが届いた瞬間、息子は「赤ちゃん?赤ちゃん?」となにも言っていなかったのに何かを察したのでしょう。 ニコニコしながら「開けよう!」と言ってきました。

ダンボールを開けると大きなカゴの中に小さなくまさん。抱っこするとずっしりと感じ自然と涙が溢れてきて、止まっていたはずの母乳が出そうな感覚、そして子宮がぎゅっとなりました。 こんなに重かったんだ… 綺麗な棺に綺麗なお布団で寝ている我が子しか抱くことができなかったので今まで棺の重みかと思っていました。

望んでできた3人目。そして望んでいた男の子。何もかもが順調だったのに19週に浮腫や胸水など見つかり、染色体異常、そして先天性心疾患の発覚。残酷な現実を突きつけられました。
3人目ということもあり、上の子たちのこと 金銭的なこと 全てを悩みに悩み 諦めることにしました。
25センチ 428gで生まれたそうちゃんはとにかく可愛かったです。
諦めたくなかった。元気に産みたかった。子どもたちが3人で仲よく遊ぶ姿を見たかった… 毎日毎日そう思いながら後悔と懺悔の気持ちといろいろな気持ちに振り回されながら過ごしていました。

そこで見つけた天使のベア。
また我が子を抱きたいという気持ちと、上の子どもたち2人にいつか話すとき手にとって命の尊さを感じて欲しいと思い、即オーダーをお願いしました。
こんなに小さな子を作ってもらえる場所があるなんて思っていなかったのでとても嬉しかったです。
これからも職人さんに命を吹き込んでもらったそうちゃんベアを、今度は私たちが大切にしていきたいと思います。 ありがとうございました。

真流人くんのお母様より

昨夜、ベアーくんは無事に私たちのおうちに着くことができました。
パパが配達員さんから受け取り、可愛らしいずっしりとした重みのあるダンボールを家族全員で囲みました。到着するまで早く真流人に会いたい、早く抱っこしたい、早く傍に置いて起きたいと毎日楽しみに思っておりました。

いざ、到着した時、正直なんとも言えない思いになりました。出産時の我が子の重さや感触、出産時の喜びと別れ。様々な思いが思い起こされました。主人が箱を開けてくれた瞬間、息子がまた産まれてきてくれたような感じを受け、ベアーくんのお顔、姿を見たときに我が子が産まれた時のまんまのようでまた我が子に再会できたようでした。主人がベアーくんをわたしに抱かせてくれた瞬間、本当に我が子が戻ってきたようで涙が溢れ止まりませんでした。
5歳の長女は「ママ、なんで泣いてるの?」と問い、主人は「ママ、嬉しくて泣いてるんだよ」と。帝王切開で産まれてきた真流人を一番に抱いたのは主人だっただけに、主人もあまりに我が子のその姿と似ていた為か驚き、無言で抱きしめておりました。眠っている表情に「真流人によく似ている」と感慨深い表情で抱きしめてました。主人は写真を送ったのかと思ったそうです。

我が子がお星様となり早くも半年が経ちました。哀しみは薄れることも消えることも今もこの先もありませんが、抱きしめるたびに産まれた瞬間の喜びが蘇るようで嬉しいです。今日から家族の一員である真流人と思い 一生大切に大切に育てていきたいと思います。
本当に素晴らしいベアーくんをありがとうございました。貴社様に出会えことができたのもきっと偶然ではないと思います。この出会いに感謝致します。最後になりましたが、私どもの家族の想い、真流人を知ってくださり、大切に対応してくださり、大切につくってくださった作家様、スタッフの皆様に感謝致します。また、このようなベアーをつくろうと考えてくださった皆様に感謝致します。
本当にありがとうございました。

南果ちゃんのお母様より

次女のために注文したベアちゃんが届きました。
とても丁寧に作って下さり、ありがとうございました。
ずっしりとした重みの中に、作って下さった方の愛情と温もりが感じられて、家族皆で感激しております。

次女の南果(なみか)は10月22日に誕生しましたが、産声をあげることなく空へ還りました。当時はパニック状態で抱っこすることができず、あっという間にお別れしてしまいました。抱っこできなかったことを後悔し、悲しみに暮れていましたが、次女のベアちゃんが届いた今はだいぶ気持ちが落ち着きました。長女とふたりで「なみベアちゃん」と名前を付けて、ベビー服を着せたり寝かせてあげたり話しかけたり、お世話を楽しんでいます。
次女を亡くした悲しみは消えることはありませんが、なみベアちゃんがいつもそばにいてくれるのでとても心強いです。何よりいつでも抱っこして、次女の重みを感じることができるのが嬉しいです。
私たち家族の一番の宝物となりました。ずっとずっと大事にします。
本当にありがとうございました。

花菜子ちゃんのお母様より

7月に天使のベアを注文し、8月下旬に無事に届きました。どうもありがとうございました。
私達は6月に第3子となる長女を妊娠6ヶ月で亡くしました。
絶望の中、同じような経験をした方々のブログなどを検索しまくっていた時に、偶然天使のベアのことを知りました。よく、出生時の体重と同じ重さのクマのぬいぐるみを、結婚式などで両親にプレゼントするのは知っていましたが、亡くなった子と同じ身長体重で作って頂けるとは知らなかったのでびっくりしました。しかもこんなに小さい子まで。娘もとても小さくて壊れてしまいそうだったので(24.5㎝、306g)、あまり抱っこもしてあげられませんでした。もっと抱っこしてあげたかった、もう一度抱き締めたい、という想いから迷わずお願いをした次第です。

届くまで1ヶ月半ほどでしたが、毎日とても楽しみに待っていました。
届いた時は受け取りのハンコを押しながらすでに泣きそうでした。箱を開けると、そこに娘がいました。思わず名前を呼びながら抱き締め、号泣してしまいました。こんなに小さかったんだね、頑張ったね、お帰りなさい、と声をかけていると、気付いた上の子たちがやってきて見るなり「かわいい!」と奪い合いが始まりました。「この子はただのぬいぐるみじゃないの、はなちゃん(娘)と同じ大きさ重さの、大事な大事なはなちゃんクマなのよ」と話しました。
長男は特に妹の誕生を楽しみにしていたので、それからというもの毎日クマちゃんのお世話をしています。工作で作ったお弁当箱を朝昼晩にあげたり(本物の食べ物はお線香と一緒に御供えしてます)、あやしたり寝かし付けたり。おはよう、いってきます、ただいま、おやすみなさいの挨拶は次男も一緒に必ずしています。一緒にテレビを見たりお話をしたり、絵本を読んだり歌をうたったり。私におっぱいをあげてと頼んできたりも。はなちゃんクマは、今ではすっかり家族の一員になって日々私達を癒してくれています。我が家のアイドルです。
小さいクマちゃんは写真と印象が違うかも、とHPにありましたが、そんなこと全くなくて、とても愛らしいつぶらな瞳で、見ていると私達も自然と笑顔になります。きっと一針一針に職人さんの愛情がこめられているのですね、感謝感謝です。いつも娘と一緒にいるような気持ちになれて、お願いしてホントに良かったです。これからは家族でいろいろな所に一緒に出掛けたいと思います。

  クマちゃんが届くまでの間、何着か肌着を作りました。このくらいかなと想像しながら作ったのに、ぴったりのサイズで驚きました。今度は長袖も作ってあげようと思っています。編み物が上手なお祖母ちゃんも現在靴下を作成中です(笑)。

あまりうまくないですが、写真を添付します。カチューシャやハート型のおもちゃは、夏祭りで長男が買ってくれました。はなちゃんクマがねんねしていたカゴは、今もそのままベッドとして使っています。これからも大事に大事に、ずっと一緒にいたいと思います。

かわいいかわいい我が家の新しい家族を届けて頂き、本当にありがとうございました。


陽奈子ちゃんのお母様より

わがままを言い、急いで作って頂き本当にありがとうございました!
両親にも抱っこして貰う事が出来、こんなに重かったんだね…と悲しみと嬉しさで感情がグチャグチャになりながら、亡くなった娘の話をする事が出来ました。次授かる事が出来たら、子育てをしたいです。そして、その子が一歳を迎えた時にでも、またベアをお願いしたいと思います!その時は宜しくお願い致します。

実家近くの桜とともに撮りました。 もっと沢山撮りましたが、コチラを送ります(^^)
本当に本当に、ありがとうございました!

小葉ちゃんのお母様より

PocheCigogneのスタッフの皆様 メモリアルベア“nenne”の製作、本当にありがとうございました。
今回の件について私も主人も本当に心からスタッフ一同の皆様に感謝の思いでいっぱいです。

産声もあげられず、生まれてすぐ抱く事も叶わず、治療の為別室へ行ってしまった娘。 初めて会えたのは出産から12時間後でした。 小葉(このは)と名づけた小さなわが子は管まみれで、治療の為に薬で眠らされていました。

水の溜まりが多く肺が成長しきれずに苦しかっただろうに… ちゃんと大きく育ってくれていました。1514gは水の量もあるので、もっと軽かったとは思いますが…
小さな小さな体でパパとママに会う為に生きて生まれてきてくれて 精一杯生き抜き、2月7日 生まれてから16時間15分後に私の腕の中で静かにお空へ還っていきました。

まだお骨は家にあります。でもいつか納骨し位牌を作ってもそこに小葉はいなくて、手を合わせても心が苦しい… 生きているうちに一度しか抱けなかった我が子をずっと抱いて感じていたい。
そんな思いからベアの製作を考えました。
位牌の代わりのような気持ちで。
体重ばかりで身長まで合うものはなく、やっと見つけた時は本当に嬉しくて無理を承知で変なお願いをしてしまいました。 しかし、そんな願いも一緒になって考えてくれた気持ちは私の心を少し癒してくれました。

抱かせてあげられなかった両親や兄弟、親友にも 抱っこさせて重みを感じさせてあげる事ができました。 今は日中は皆がいるリビングで、夜は私の抱っこで寝ています。
本来ならば生まれた記念のベア。 でも一生大きくなる事のない小葉には新生児タイプの“nenne”がピッタリで運命すら感じました。

nenneちゃんは小葉ではないので、一文字を取り“ののちゃん”と呼んでいます。 移動用のバッグやクッションを作ったりと、私に生きる力をくれています。

最後にもう一度、ありがとうございました。
これからも沢山の幸せなベアが生まれる事を願って。

寛太朗くんのお母様より

私の息子寛太朗は2008年春に、30w2dの早産で、1008gという小さな体に、たくさんの病気を持って生まれました。 半年間NICUでお世話になり、その後は在宅看護をしながら自宅で過ごしていました。
たくさんの病気と闘いながらも体調は安定していた2009年秋、突然の高熱。原因不明の発熱からたった6時間で天使になってしまいました。

自分に起きていることが全く理解出来ませんでした。なぜ我が子が死んでしまったのか…。会いたい、抱きしめたいのに、たった一目見ることすら叶わない現実に、毎日涙が止まらず、心が潰れてしまいそうでした。
そんな時に出逢ったのがポッシュ・シゴーニュさんのメモリアルベアでした。
HPを見て、2009年限定のベアのお顔が寛太朗にとてもよく似ていたので、即決しました。
我が家にかんちゃんベアがやってきたのは、寛太朗が天使になって3か月経った頃でした。話しかけたり、抱きしめたりする存在が出来たことで、心が癒されました。
お出かけする時はいつでも一緒です。 寛太朗の供養の為の四国八十八箇所を巡るお遍路はかんちゃんベアも一緒に結願し、ディズニーランドにも、ハワイにも行きました。 毎日一緒に眠り、たくさん抱きしめ、色々なところにお出かけし、今ではかけがえのない存在です。長い年月共に生きると、笑ったり、喜んだり、怒ったりと、不思議と表情があるように感じることがあります。

かんちゃんベアを通し、素敵なご縁があったり、天使ちゃんのベアのお友だちもたくさん出来ました。
ベアを作ることに対し、天使ちゃんの代わりではない、依存してしまう、などと反対されたりする天使ママもいるかもしれませんが、私はベアの存在がどれだけ心のケアになるかを身をもって感じているので、天使ちゃんのベアを作りたいと思っている天使ママには、作ることをお勧めしたいです。
これからの人生も、心の寛太朗と、かんちゃんベアと共に、ニコニコ笑顔でキラキラ輝いて生きていきます。


◆主催されています◆
『お空の天使ちゃんを想う家族の会』 Facebook ブログ
愛する我が子を亡くしたママたちで立ち上げた会です。 毎年10月4日を天使の日とし、愛する我が子へ風船とメッセージをプレゼントするバルーンリリースのイベントを大阪と東京で開催しています。また、不定期ではありますが、天使ちゃんファミリー対象のランチ会や、天使ちゃんへのプレゼントを作ろう会も開催しています。

いろはちゃんのお父様、お母様より

私たち夫婦が天使になった娘のメモリアルベアをお願いしたきっかけになったのは、娘を亡くしてから、いろんな天使ママさんと知り合い、みなさんが様々な形で我が子との思い出を残されていることを知ったからです。
私たちはもう娘を抱きしめることはでません。もちろん成長を見守ることもできません。メモリアルベアはあの日に抱いた娘の重み、大きさ、それをずっと感じることができます。ポッシュ・シゴーニュさんのベアは身長、体重を再現していただけて、シリアル番号まであり、また何よりも表情豊かに見える可愛いお顔が魅力的で私たちは決めました。このベアは私たちの娘となってやってきてくれました。
娘は2532グラム48センチでしたのでベアには新生児のお洋服を着せています。服を選ぶのも楽しみになっています。出来なかったことを出来るのがうれしいです。
私たち夫婦にとってベア=娘のいろはです。

ひまりちゃんのお母様より

私は臨月に入ってすぐに子宮内胎児死亡により娘を亡くしました。 現実を受け入れることができないまま火葬の日を迎えたので、手形・足型、へその緒、髪の毛、爪を残すなど思いつきもせず、残ったものは遺骨だけでした。火葬までは一週間ありましたが、梅雨のジメジメとした蒸し暑い時期だったので、できるだけ綺麗な状態で送ってあげたいと思い、あまり抱っこなどもせずに冷やすことを優先しました。なので火葬が終わってから、もっともっと抱っこしてあげればよかった、抱きしめてあげたかったと後悔しました。

喪失感でいっぱいだった時、娘を感じれる何かが欲しいと思い体重ベアの購入を考えていたところ、たまたま見かけた天使ママさんのブログで身長もオーダーできるポッシュ・シゴーニュさんのメモリアルベアを見つけました。 購入するにあたって、悲しみを増幅させるんじゃないかという不安もありましたし、主人にも余計に辛くなるんじゃないかと心配されましたが、それでも「もう一度抱きしめたい」という気持ちの方が勝り、購入を決めました。
実際にベアを迎えてみて、ニコニコした顔がとても可愛らしく、なんとも言えない愛おしさに包まれました。 ベアを迎えた日から毎日一緒に寝ています。こんな風に元気な我が子と過ごしたかった。どんなに願っても娘は帰ってきませんが、娘を感じれるベアとその願いを叶えることができて嬉しかったです。
主人も娘に話しかけるようにベアとお話ししたり、とても可愛がっていますし、それまでお互いに娘のことをあまり話せずにいたのですが、ベアがきてくれたのをきっかけに自然と娘の話ができるようになっていました。
無気力な毎日でしたが、ベアに洋服を作ってあげようと思い、不器用なりに娘のことを想いながら洋服を作ったりもしています。
最近はベアにも表情があるように見えます。新しい洋服を着せてあげたり、楽しい場所に連れて行くととってもニコニコ嬉しそうに笑ってくれます。今までに大好きなくまのプーさん展やディズニーランドなど、色んな所に一緒に行きました。
ベアを娘の身代わりのようにするのは周りから見て賛否両論あるかもしれませんが、私は亡くなってそこで娘との思い出が終わりではないと思っています。 これからも心の中の娘と、ベアと一緒に、たくさんの思い出を作っていきたいと思っています。

里彩ちゃんのお母様より

私達の待望の長女・里彩(りあ)は元気に産まれ、育っていました。しかし生後半年で病気が判明し、1歳4ヶ月になる少し前にお空に旅立ってしまいました。
里彩は病気と闘っていてもいつもニコニコでみんなの人気者。強くて前向きで頑張り屋さん。そんな里彩を亡くし、私達夫婦は、生きている実感のない毎日を送っていました。とにかく里彩に会いたい、抱っこしたいと思い、泣き続ける日々です。
そんな中知り合った「天使ママ・パパ(子供を亡くされた方たち)」がいます。みなさんのブログにお子さんの出生体重ベアちゃんが登場していました。天使ママとなった私も「いつか欲しいな」と思いながらも、里彩がいないことに向き合えずにいました。
すると、私の母から「あなた(=私)が結婚式の時に出生体重のベアをくれたみたいに、あなたたちに里彩のベアをプレゼントしたい。本当はサプライズにしたかったけど、どんなのが良いか分からないから、好きなベアを頼んでね」と言われました。 里彩がいなくなったからではなくて、子供から両親へのプレゼント….と考えたらそれがとても嬉しくて、里彩ベアちゃんを迎えようと思いました。
そして、天使ママの一人からポッシュシゴーニュさんを教えていただきました。
里彩が産まれた2014年春夏モデルのベアが里彩と似ていたのでこの子に決定、刺繍も出生時のデータと、亡くなった時のデータを入れていただきました。里彩が生きた証です。

ベアちゃんがうちに来た時は夫婦で大喜びで、里彩の洋服を着せるとサイズがピッタリでした! 今では里彩の分身のような存在感です。 おはよう、いってきます、ただいま、おやすみ。 その度に抱っこして里彩の重みを感じています。 一緒に、里彩に手を合わせます。 里彩が入院していた為になかなかできなかった「川の字」で寝ることもできます。

もちろん、里彩がいない寂しさがなくなることはありません。 しかし、ベアちゃんが、里彩を抱っこしたいという私達の願いを一つ叶えてくれて、癒してくれていることは間違いありません。
里彩、里彩ベアちゃん、パパとママのところに来てくれてありがとう☆ そして私達を出会わせてくれた皆様、本当にありがとうございます。

美奈ちゃんのお母様より

結婚して5年目、待望の妊娠は仲良し双子ちゃん! お腹の中ではいつも相方の陽菜と仲良く過ごしていました。
そんなふたりは22週2日で突然、ママのお腹かから取り出されることとなりました。
それまでずっと隣り合わせだったふたりはNICUではお部屋のはじっことはじっこに。 そして、生後2日。わずか50時間あまりで…私の腕の中で息を引き取りました。
私が美奈を抱けたのはこの時の数分だけ。 あの時、わずか500gがとても重たく感じたこと。ずっと忘れたくない! そして、お外の世界でもふたりはやっぱり一緒に居てほしい! そう思い、一歳のお誕生日に陽菜&美奈、それぞれのベアをお願いしました。
お願いするにあたり、こんな小さくても作ってもらえるのだろうか?天使になっていてもいいのだろうか?と悩み、お問い合わせさせていたただきました。 身長・体重ともにどんな大きさでもお作りいたただけるとのこと。 そして、もちろん天使ちゃんでも!と暖かくお返事いただいたことを今でも覚えてます。
実際、出産当日はカメラを持ち合わせて居なかったので、美奈の写真は手元に数枚しかありません。 それも、保育器の中で、たくさんの管につながれている姿だけです。 私は美奈が目を開ける姿も、笑顔も見られませんでした。
美奈ベアが我が家に届いたとき、ほんわか微笑んでいる表情で、涙が溢れました。 そして、念願だったひな&みなを並べて写真を撮ることが出来ました!
大事に思うあまり、あまり外出はさせてあげられていないのですが、初めてのお泊まり旅行。天使の日のバルーンリリース。そして、七五三。家族の大切な日には美奈ベアもいつも一緒です。
昨年、三女の一歳のお誕生日には一番大きな妹ベアが加わりました。 今は専用ケースの中で三人のベアが仲良くにぎやかに過ごしています。

あまねちゃんのお母様より

私たちの第二子となる娘のあまねは、予定日まであと11日という日に産声を上げることなく天使になりました。それまでなんの異常もなく経過も順調だったので、あまりに突然のことで…それは悲しすぎる受け入れ難い現実でした。
緊急帝王切開から目覚めた翌日。38週と3日、お腹の中で大切に育んだ娘はとてもかわいくて、まるで眠っているみたいでした。病棟の助産師のみなさんも生きている赤ちゃんと同じように大切にしてくれて、私もたくさん抱っこして毎日添い寝して、お別れの日までずっと一緒に過ごすことができました。それは私にとって、娘と過ごせたかけがえのない大事な思い出です。

娘を亡くしてから3ヶ月が経った頃、もう一度娘を抱っこしたくて…天使ママさんのブログを見ていて、ポッシュシゴーニュさんのメモリアルベアを知りました。入院中にいつか娘と同じような人形を手作りしたいと思ってたけど、そこまで気力が湧かなかったことと、なによりベアちゃんのかわいさに惹かれて、ポッシュシゴーニュさんにお願いすることに決めました。ベアちゃんはどの子もかわいくてとても迷ったけど、娘の生まれ年の2015年の限定ベアにしました。クリーム色の毛色とピンクのお鼻が羊みたいでかわいくて、女の子らしくていいよね、とパパとも意見が一致しました。
クリスマス前で混み合うから遅くなるかもとのことでしたが、注文から1ヶ月ほどで届きました。
あまねちゃんベアを初めて抱っこしたときは、こんなに重かったっけ…と思うほどずっしり感じて、パパとお兄ちゃんも順番に抱っこしてあまねちゃんの重みを感じました。普段はぬいぐるみなどかなり乱暴に扱うお兄ちゃんも、あまねちゃんベアにはとても優しく触れてくれます。時には戦いごっこの敵から守る対象としてあまねちゃんベアと遊ぶこともあり、しっかり妹を守っているつもりのようです。私もあまねちゃんベアがきてからはいつでも娘を抱っこしたときの感覚が思い出せるからか、心が穏やかになった気がします。
これからも私たち家族は四人家族。心の中のあまねちゃんと共に生きていきます。
あまねちゃんベア(2940g, 47.6cm)

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com